日本における貿易

日本にとって貿易とは、
現在の日本を形作った上で大きな影響を与えたものといえるでしょう。

第二次世界大戦後、日本が先進国として大きな経済発展を遂げた要因の背景には、
貿易が大きく関わってきました。今日の日本があるのは貿易による恩恵の賜物でしょう。

画像

第二次世界大戦の敗戦により疲弊していた日本の大戦後の経済発展は、
海外より材料を輸入し、製品化したものを輸出する、
日本が誇れる「物作り」の技術により作られた数々のものを
海外に輸出することで、 大きく成長してきました。

そしてそれは現在に至っても変わらぬ点でもあります。
自動車に代表される輸送機器以外にも、現在では必需品ともいえる半導体等、
世界の産業を支える技術を送り出しています。

また近年おいては、
サービス貿易や海外における投資等によっても支えられています。

正に日本は貿易によって支えられた貿易大国であり、
日本にとって貿易はいまだ・・・欠くことの出来ないものでもあるといえるでしょう。